氷川 TRPG 研究室

Hikawa TRPG Laboratory

2016/1/3 16:50

2016年やりたいことあれこれ

タグ: TRPG 同人

今年はこんなことをやりたいなーと考えています。

TRPGシナリオ作成大全

引き続き発行していきますが、今年は1冊だけかもしれません。原稿の集まり次第で。

とりあえず次は、自作シナリオの解説を集めてみたいなあと思っています。ここ最近、コミケではシナリオ(集)タイプの同人誌が多く売られています。それもかなり高レベルで、多様なシナリオが見られます。こうしたシナリオには、作成者のシナリオ作成のノウハウ、苦労が詰まっているものです。

1から10まで全部メイキングを書くと相当な分量になってしまうと思いますので、「特にアピールしたいポイント」に絞って書いていただくことになると思います(全部書きたい人は是非お願いしたいですが)。

  • 他のシナリオにはなかなか無いこのシナリオの独自のアピールポイント
    • プロット・ストーリィ
    • 徐々に秘密が明らかになり、終盤に向けての計算された盛り上がり
    • PCたちが自然と活躍できるよう設計されたシナリオの隙
    • PCたちの行動によって柔軟に展開が変化するシナリオ構造
    • 派手でスリリングで綱渡りのような展開に見せかけながら、実は安定して回せるシナリオに仕上がっている
    • 魅力的な謎・秘密・入念な調査に基づく背景設定・ギミック
    • 雰囲気たっぷりの描写・NPC・セリフ・イラスト
    • シナリオの記法・レイアウト
  • どのような手順でこのシナリオを作ったか
  • 最初のアイディアから大きく変更した点。また何故変更したか
  • シナリオ作成時に苦労した点と、それをどのように解決したか
  • などなど

ただ実際のシナリオを参照しながらでないと、読者が十分にシナリオを理解・評価できないでしょうから、イベント・ショップ、あるいはウェブサイトなどで入手可能なシナリオに限られます。そこがこの企画の第一の難点ですね(もう一つの難点は、多分皆さん多忙なので書いてくれる人が果たしているかという問題です)。

「書いてもいいかな」という方がいらっしゃいましたら、@kilica までぜひぜひご連絡ください。

あと、Vol.5、Vol.6と特殊なテーマが続きましたので、上記テーマに縛られないシナリオ作成一般の記事も募集します。半々くらいの割合で掲載できるといいかなあと考えています。

オリジナルシステム

召喚をテーマにしたシステムを去年から作成中です。今年こそは出したいし、かろうじてプレイできるくらいまではできているので、多分出せるはず。同人誌にするか、ウェブで公開するかは未定です。両方かな?

今のところ背景設定とイラストは全く無いので、作ってくれる人募集中です。システム部分も、興味ある人がいましたらお気軽にご連絡ください。一緒に作りませう。

ホームページ

デザインなど古くなってきているので、リニューアルしたい。

開発

ここ数年お休みしていたけど、再開予定。

自転車

去年はあまり乗れなかったので、もっと乗るようにしたいですね。新しい自転車も欲しいけど、まあそのうち。

blog comments powered by Disqus

Powered by XOOPS Cube 2.2© 2001-2013 The XOOPS Cube Project
BY 氷川 霧霞 - xc-tokai