2020/12/30 10:43

動画の時代へ

タグ: 考察

今年は結構たくさんYouTubeを見ました。

自分のペースで進められないし、後から見直すときに該当箇所が探しにくいので文字情報のほうが好きなのですが、動画は動画で良い点があってそれはどこかというと、情報の大事なところ、そうでないところがわかりやすい、というところです。なので、新しいこと、馴染みのないことを学ぶには動画のほうが適していることがあるかなと思います。反対にだいたい知ってるけど何か新しいことも見つかるかも、ってときは、動画はちょっと冗長かなと思います。

一方、人々のアウトプットについては、これまで30年ほどの流れを振り返ると、

(書籍) → ホームページ → ブログ → Twitter/Facebook

と、どんどん、アウトプット時に必要な知識・手間が少なくなる方向に進んできたので、ここに来て沢山の人が動画という手のかかるメディアの制作をするように逆戻りしたのはちょっと意外でした。

あとはちょっと話はずれますが課金方法が出てきたのもいい傾向かなと思います。

blog comments powered by Disqus