2013/12/8 22:27

ゲームマーケット2013東京 秋

タグ: TRPG ゲーム

ようやく原稿のケリが付いたのでゲームマーケットで買ってきたものを読んだりしてました。

『ボードゲームを始めよう!』

ここは沢山人が群がっていたのですが、納得のクオリティです。ボードゲームをコンパクトに紹介しているのですが、紙面のデザインが凄い。時節柄そっちに目が行くのですが、高レベル過ぎて参考にできません。

月刊lolliloop

台湾ボードゲームデザイン

パンフレットを頂いただけですが、今回は台湾のボードゲームデザイン集団が参加されていました。パンフレットと言っても、A5フルカラー30ページ位の気合入ったやつですが。勿論日本語で書かれてまして、それによると2012年4月にグループっぽいものが発足したみたいで、つまり1年半でここまで来たってことか。凄いなあ。

パラパラめくって目を引いたのが「ハロー!台湾」というゲームで、台湾一周みたいなゲームなんですが、遊びながら台湾が学べるみたい。

http://tw-bg.blogspot.tw/ (日本語あり)

TRPGと装丁

TRPGのルールブックの装丁ってちょっと如何なものか、と一石を投げかける本です。名指しはされていませんが、eb! のルールブックが批判対象になっているようです。単なる感情的な批判ではなく、デザイン的にどこがどうマズいのか指摘していて、代わりにどんなデザインが考えられるのか、ってところまで書いています。

デザイン面での指摘は至極ごもっとも、ですが、売り上げ的にどちらがいいのか、って点ではまあやってみないとわからない部分ではあるかとおもいます。

辺境紳士社交場

蒼空のリチェルカーレ

最初パッと見た時は、「なんだ、アルシャードかなんかのリプレイか、ふうん」と通りすぎようとしたのですが、サークル数もコミケに比べれば大したことないのでまあちょっと見てみるか、と手にとったら、トラベラーのリプレイでした。

しかも、漫画でした。

そして、キャラクタ作成をPC視点でリプレイ漫画にしたものでした!

KilkennyCat+

あと買いそこねたけど、「合戦将棋」というのも面白そうでした


blog comments powered by Disqus