Orbis Mundi 2 のサプリメント The Marketplace がすごい

TRPG kilica 2021/1/24

ランダム表

今週はランダム都市生成表を作ってました。来週は都市の人々のランダム表かな。

The Marketplace (Orbis Mundi 2)

先週話題に出した中世ヨーロッパのガイドブック的な Orbis Mundi2 ですが、サプリメントで The Marketplace というのも出てます。中世ヨーロッパの市に関する更に詳細な解説本なんですが、これまた300ページ以上もあります。
そして! 年代ごとの物価表なんて垂涎モノの表がついてます。

"TRPG(CoC):初心者プレイヤーの悩み|紋次郎|note"

私は当初、TRPGとは自らが用意したキャラクターの性格に合わせて、まるで彼らが生きているかのように行動するゲームがだとばかり思っていた。
しかし、数卓やってみたところTRPGとはシナリオ作成者が考えるキャラクターになりきって非日常的な経験をする遊びだったのだ。

こちら、Twitterなどで話題になってたようです。僕も同じ趣向なので、とても良くわかります。でも実際には色々難しい点があって、無策で突っ込むとたぶん大失敗してしまいます。『TRPGシナリオ作成のがらくた箱』で書いたような環境を整備できればすこしは助けになるかな?とこっそり進めています。

『スタンドUPスタート 2』

意外と珍しいスタートアップ(起業)の漫画。
1ケースあたり1−2話の構成なのでこれで起業の仕方が分かるとかノウハウが分かるってものではありませんが、ああ、こんな世界もあるんだな、と興味を持つきっかけになるかなと思います。
絵も話の構成も上手いので、スタートアップに特に関心なくても楽しめます。前の話で出てきた人が次の話にも絡んで活躍するので、物語世界の厚みがどんどん増して面白くなってくるタイプの漫画。
そして各話の登場人物を起業に導く三星太陽が実に魅力的に書かれています。わずかに間違えるだけで胡散臭く説得力を失う難しい役どころですが、『オフィス北極星』のゴー・トキタ、『ブレイズメス1990』に出てくる天城雪彦のように、横に居るだけで何とかなると思わせる謎の安心感を与えてくれる人物です。

『テルマエ・ロマエ』

一般 kilica 2012/5/5

 映画『テルマエ・ロマエ』を観てきました。

GW とはいえ、中日だし上映開始後1週間ほどたってるし、まあ物好きな原作ファンが居るくらいだろうと高をくくっていたのですが、上演1時間半くらい前にチケットを買いに行ったら既に満席でした。「早くつきすぎちゃったなー」と思ってたのですが。

仕方ないのでもう一つ後の時間のチケットを買って、映画前に気分を味わっておくべく近くのスーパー銭湯に。そこで岩盤浴とお風呂で2時間ほど過ごし、再び映画館へ。

自転車で長距離を走り終えた後で、たっぷり風呂に入り、夕食もたっぷり食べて、しかもレイトショウと、途中で寝てしまう条件がバッチリ揃っていましたが、始まると眠気は吹き飛んでしまいました。まず冒頭の古代ローマ市のシーンでぐっときます。

原作は暗記できるくらい読んでるのですが、それでも笑える。演出がいいんでしょう。概ね原作通りですが、ちょっとひねってあってそれが笑えます。

よく詰め込んだなーっていうくらい、エピソードが詰まってるように感じました。後半は設定を変え、半分オリジナルのちょっとまじめなストーリーになってまして、映画的に盛り上げて落ちをつけようとするとこうなるかなーという感じ。

あまり期待しないようにしていったのですが、面白かった。満足。

『テルマエ・ロマエ』映画化

一般 kilica 2011/3/31

なんと『テルマエ・ロマエ』映画化だそうです。

それはそうと、平野耕太が『ROME』のスタッフが関わるとか書いていたので Amazon 行って、『ROME』を調べてみました(見てない作品だったので)。

そしたら評価は満点近く、全22話と圧巻のボリューム、そしてなんと、前編後編合わせて3,000円以下という謎な数字にくらくら来てぽちっとボタンを押しました。

ROME [ローマ] 〈前編〉 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2009-08-12)
売り上げランキング: 768
ROME [ローマ] 〈後編〉 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2009-08-12)
売り上げランキング: 663

『アバター』

一般 kilica 2010/1/11
『アバター』見てきました。 しかし、すごいと噂の DOLBY 3D のやつは名古屋周辺では上映していないみたい。くそー。 とはいえ、十分すごかったです。3D だから凄かったのか、2D でも凄いのか、わかりませんが。 特に飛行シーンは圧巻でした。もう一度見たい。しかし、眼鏡がずり落ちてくるし、長いので結構疲れる。ほぼ満席の人混みの中にいたせいもあってか、終わった後、頭が痛くなってきました。 最初のあたりは「ゼンドリックのジャングルってこんな感じかねー」と思いながら鑑賞。そういえばナヴィって、D&D3版以降のエルフに似てますよね。影響を受けているのか、なんとなく作るとああなるのか、どっちだろう。

『テルマエ・ロマエ』

一般 kilica 2009/11/27
テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)
ヤマザキマリ
エンターブレイン
古代ローマの浴場設計技師ルシウスの物語。と書くと格好よさそうですが、実際13ページ目までは「おお、古代ローマ!」って感じの漫画でなかなか、なのですが、14ページ目で突如、現代日本の銭湯にタイプスリップするという愚かな展開。 戸惑い驚きつつも、新しい浴場設計のアイディアに詰まっていたルシウスは日本の銭湯にヒントを得ます。そうこうしているうちになぜかまたローマに戻って・・・というのが毎話のお決まりの流れになっています。 さて、当然日本人のことなど知らないルシウスが日本人を見てつけた名前が「平たい顔族」。確かに、ローマ人のネーミングっぽい気がする。

『全能思考』

一般 kilica 2009/10/28
全脳思考
全脳思考
posted with amazlet at 09.10.28
神田 昌典
ダイヤモンド社 (2009-06-12)
売り上げランキング: 885
おすすめ度の平均: 4.0
5 すごい賛否両論ですね・・・。
5 この本に共感し、リーダーとして行動した仲間、お会いしましょう。
1 見るべきところもありますよ
1 要約本って印象
5 すぐ役に立った
ここではあまり紹介しませんが、ビジネス関係の本も時々読みます。コンサル、マーケティング、企画あたりが多い。といっても、問題解決のためにどんな知恵を編み出してきたのかを知るのが楽しくて読んでいるところが多く、読んだのが身についているわけではなかったりします(^ ^; 本書もビジネス書で、著者はカリスマ的なマーケッター、コンサルタントの神田昌典氏(といっても、僕は本書で始めて知った)。その氏が、この10年で培ってきたノウハウを400ページ超に渡って説明してくれるのが本書というわけです。 テーマは、需要創造型のビジネスアイディアを生み出すための方法論について。さらりと書きましたが、これって、ビジネス的に説得力のある独創的なひらめきをどう安定的に得るか、ってことなので、とんでもないことです。読む前は、フレームワークがあれこれ解説されている本かなと思っていたので、驚きました。 でもって、さらに驚いたのは、どっかで読んだことあるようなことがあちこちに書かれているのです。内容が古いとか既存のビジネス書の内容の寄せ集めだとかいうんじゃなくてですね、TRPGがらみで手に取った本に書かれているようなことが解説されているんです。 一つ目のキーワードは「物語」です。商品に物語性を持たせて売る、という大塚英志氏の『物語消費論』あたりで触れられていることに近いことも書かれています。ジョゼフ・キャンベルの名前も出てくるくらい。なお、売りたい商品に物語を引っ付ければOK、という安直な内容じゃありませんよ、もちろん。 もう一つは、一部のTRPGで取り入れられているシナリオやキャラクタのランダム生成的な方法論です。『深淵』の運命カードや、ファーローズの生い立ちの決定などがその一例ですが、こういった仕組みの最大のメリットは、自分の思考の囚われず意外な、それでいて深いキャラクタ(ストーリー)が作れる点でしょう。ランダムに決まったいくつかの特徴や出来事を元に、その空隙を生めるように整合性のある設定を想像していくと、型にはまりきらない、深みを感じるキャラクタやストーリーを容易に作ることができます。 そして、それとまさに同じようなメカニズムをビジネスの発想のツールとして使うというのだから驚くと同時にその効果に納得してしまいました(もちろん、神田氏はTRPGなんて知らないと思いますが)。 そんなわけで、なんか妙な感覚で読み終えた本書でした。

『修道女フィデルマの英知』

一般 kilica 2009/7/2
修道女フィデルマの叡智 修道女フィデルマ短編集 (創元推理文庫)
ピーター・トレメイン
東京創元社
売り上げランキング: 21475
7世紀アイルランドを舞台にしたマニアックな推理小説シリーズの短編集。「聖餐式の毒杯」「ホロフェルネスの幕舎」「旅籠の幽霊」「大王の剣」「大王廟の悲鳴」の5編が収められています。 通勤中に読んでいたんだですが、「あと5ページで読み終わる、ってところで到着」というのを5回繰り返しておりました。 主人公、探偵役は修道女フィデルマ。ただし、王女で高位法官、弁護士でもある完璧超人です。 7世紀アイルランドで、この法律家の地位が非常に高く、敬意を払われている様が描写されていますが、本当かいなーと気にはなります。

『夜は短し歩けよ乙女』

一般 kilica 2009/4/2
夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
森見 登美彦
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 650
おすすめ度の平均: 4.5
5 一流の娯楽小説
5 女の子の趣味が素敵すぎる!
5 京大生の、京大生による、みんなのための古風でポップなファンタジー
5 ただ一言、最高!
4 京都がすきなら
奇特な登場人物たち、珍妙なシチュエーションと展開、ちょっとノスタルジックな感じを醸し出している文体。気づくと、作品世界の雰囲気に浸っています。なむなむ。 初めて読む類の小説なのになんか懐かしいなあと思っていたんですが、『うる星やつら』の世界観に似ているんだと思い当たりました。

『大聖堂 果てしなき世界』

一般 kilica 2009/3/14
大聖堂―果てしなき世界 (上) (ソフトバンク文庫 フ 3-4)
ケン・フォレット
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 539
大聖堂―果てしなき世界 (中) (ソフトバンク文庫 フ 3-5)
ケン・フォレット
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 684
大聖堂―果てしなき世界 (下) (ソフトバンク文庫 フ 3-6)
ケン・フォレット
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 727
『大聖堂』から18年(だそうです)、出るとは思っていなかったのですが、続編、日本語訳がついに出ました。 主な舞台は前作と同じキングスブリッジですが、登場人物はすべて変わっています。時代が14世紀、前作から200年ほど経っているので当たり前ですが。ただ、前作の登場人物の子孫がぞろぞろと出てきているようです。 読むのがたのしみです。
大聖堂 (上) (SB文庫)
大聖堂 (上) (SB文庫)
posted with amazlet at 09.03.14
ケン・フォレット
ソフトバンク クリエイティブ
売り上げランキング: 1959
おすすめ度の平均: 5.0
5 傑作
5 中世ヨーロッパが舞台の大抒情詩です!
5 それぞれの大聖堂
5 これは映画になる
5 大聖堂建設のドラマが目に浮かぶようです

『黒のトイフェル』

一般 kilica 2009/2/13
黒のトイフェル 上 (ハヤカワ文庫 NV シ 25-4)
フランク シェッツィング
早川書房
売り上げランキング: 25479
黒のトイフェル 下 (ハヤカワ文庫 NV シ 25-5)
フランク・シェッツィング
早川書房
売り上げランキング: 25022
13世紀ドイツ ケルンを舞台にした陰謀劇を描いた作品で、著者は『深海のYrr』のフランク=シェッツィング。 まだ6割くらい読んだところなんだけど、やや展開がたるいのと、登場人物にあまり魅力が感じられないので、まあ読んでもいいんじゃない、くらいの評価。

『サイエンス・インポッシブル』

一般 kilica 2008/12/25
サイエンス・インポッシブル―SF世界は実現可能か
ミチオ カク
日本放送出版協会
売り上げランキング: 11383
おすすめ度の平均: 4.5
4 SFネタは現実化するのか?
5 「物理法則には逆らえません、船長」 〜 スター・トレックより
5 あと1000年寿命が欲しくなる
まだ全部読んでないけど。 SF小説に出てくるようなオーバテクノロジーは理論的に可能なのか、可能ならいつ実現するのか、という問いに答えてくれる一冊です。著者は超ひも理論の権威だそうな。 なんともどきどきわくわくなテーマです。
  • フォースフィールド
  • 不可視化
  • フェイザーとデススター
  • テレポーテーション
  • テレパシー
  • 念力
  • ロボット
  • 地球外生命とUFO
  • スターシップ
  • 反物質と反宇宙
  • 光より速く
  • タイムトラベル
  • 平行宇宙
  • 永久機関
  • 予知能力
まだ実現していない技術について語るという性質上、仕方ないのですが、もう一歩踏み込んだ解説が欲しかったかな。とはいえ面白いです。

近況 2008.12.14

一般 kilica 2008/12/14
とうとう D&D4版(日本語版)が発売になりました(先週だけど)。 というわけで、さっそく買ってきました。
狼と香辛料ノ全テ
狼と香辛料ノ全テ
posted with amazlet at 08.12.14

アスキーメディアワークス
売り上げランキング: 1675
おすすめ度の平均: 4.0
4 漫画・アニメ・文庫版がごちゃまぜの狼と香辛料ノスベテ
・・・違った、こちらです。D&Dの棚の裏においてあるんだもん。
ダンジョンズ&ドラゴンズ プレイヤーズ・ハンドブック第4版 (ダンジョンズ&ドラゴンズ第4版) (ダンジョンズ&ドラゴンズ基本ルールブック)
ロブ ハインソー アンディ コリンズ ジェームズ ワイアット
ホビージャパン
売り上げランキング: 6916
おすすめ度の平均: 5.0
5 ダンジョンズ&ドラゴンズ4版の基本ルール1冊目
さて、2008年発売の TRPG 投票ですが、今のところピーカーブーがトップです。ブログの評判を見ていても軒並み高評価でしたし、このままトップの可能性も高いと見ています。 投票締め切りは12月末です。今年発売の中でお気に入りのシステムがありましたら、応援の意味でもぜひご投票ください。 そんな TRPG Search ですが、現在デザインリニューアル準備中です。現在、新テーマをせっせと移植しています。この作業がなかなか楽しいのですが、そのうち飽きて面倒になってくるんだよな・・・。 目標は正月明けくらいに設定していますのでお楽しみに。

『海街Diary』

一般 kilica 2008/11/24
海街diary 1 蝉時雨のやむ頃
吉田 秋生
小学館
おすすめ度の平均: 4.5
5 四姉妹ものといえば「細雪」を思い出す
5 私を許してくれた作品
4 鎌倉って特別だよな。
5 父親の葬式「困ったなー全然悲しくない」、経験のある方にお勧め
4 こんなことがあったらいいな
海街diary 2 (2) (フラワーコミックス)
吉田 秋生
小学館
おすすめ度の平均: 5.0
4 復調か
5 ラヴァーズ・キス?
5 気づきから生まれれる女性のしなやかさ
5 久しぶりに
5 鎌倉と四姉妹家族の肖像
『YASHA』以降はいまいち好きになれなかったのですが、この新シリーズは面白い。BANANA FISH でハードボイルド路線になって、この手の作品は描けなくなっちゃったんかなと思ったのですが、そんなことなかったようです。

近況2008.11.07

一般 kilica 2008/11/7
どうも先月後半くらいから低活動期に入ったみたい。アウトプットはそこそこにしてインプットを増やすことにします(というか、もうしている)。 『深海のYrr』は、そんなわけで10月末を待たずに読み終わりました。最初はサスペンス色の強いSFかと思ったのですが、しっかりSFでした。ついつい、いつもより夜更かしして読んでしまう面白さがありました。
深海のYrr 上 (1) (ハヤカワ文庫 NV シ 25-1)
フランク・シェッツィング
早川書房
売り上げランキング: 6449
おすすめ度の平均: 4.0
5 ジュラシックパ−ク以来の傑作SF
4 人類とは?
4 拒絶される人類…考えさせられる超大作です。
5 「深い」話です
5 エンターテイメントとして大変面白い
ちょっとネタばれ。 しかしああいう生物って可能なのかなあ。高々数十億塩基対で記憶できるのか? いま読んでいるのはこっち。日経サイエンスの記事内容の補完に、僕にとってはちょうどいいくらいの難度の本です。出たばっかりで、RNA干渉とか比較的新しいトピックにも触れられています。
生命科学がわかる (ファーストブックシリーズ) (ファーストブック)
工藤 佳久 都筑 幹夫
技術評論社
売り上げランキング: 412291

『深海のyrr』

一般 kilica 2008/10/18
深海のYrr 上 (1) (ハヤカワ文庫 NV シ 25-1)
フランク・シェッツィング
早川書房
売り上げランキング: 4045
おすすめ度の平均: 4.0
5 ジュラシックパ−ク以来の傑作SF
4 人類とは?
4 拒絶される人類…考えさせられる超大作です。
2 アイデアは悪くないが、話長すぎ、クドすぎ。
5 「深い」話です
まだ上巻しか読んでいません。500ページ超あります。ジャンルはたぶんサイエンスフィクション。 最近ライトのベルが多かったので、読み応えがあります。本書の場合、主に海洋生物学者が多数登場するのですが、よく描写されていて、上手くリアリティを作り出しています。執筆にあたって入念に取材を行うという辺りがちがうのかな。 下巻もあわせて今月中に読み終わるかなあと思っていたのですが、上中下の三冊でした。無理です。

『Ajax セキュリティ』

一般 kilica 2008/9/13
Ajaxセキュリティ
Ajaxセキュリティ
posted with amazlet at 08.09.13
Billy Hoffman Bryan Sullivan
毎日コミュニケーションズ
売り上げランキング: 28300
Ajax に関するセキュリティを解説した本が月末に出るそうです。 XOOPS のモジュール作者として、そして『PHPサイバーテロの技法』の著者としておなじみの GIJOE さんが監訳されています。 jQuery をつかって javascript もちょこちょこ使い始めたので、高いけど読んだほうがいいかな。
PHPサイバーテロの技法―攻撃と防御の実際
GIJOE
ソシム
売り上げランキング: 18085
おすすめ度の平均: 4.5
5 PHPでセキュリティ対策するなら、NO1の良書
5 すべてのPHPプログラマに!
5 すばらしい
1 古い
5 PHP管理者必読

いろいろ

一般 kilica 2008/9/5
意外だったオオカミの好物(IT Media News) オオカミはシカを襲って食べるもの。その見方はほぼ正しいが、実はシカよりも好きな食べ物がある。リンゴ? いや、森の中のものではなく……。
誰だ、こんな記事書いたのは。ふつう狼の好物で林檎なんて出てこないだろ。アレ読んでない限り。
狼と香辛料 I (1) (電撃コミックス)
小梅 けいと
メディアワークス
おすすめ度の平均: 4.0
2 仮にも神と呼ばれた存在なのに
4 お勧めできます。
2 ホロはかわいい。それは認める。しかし―――
5 これは良い漫画
5 SAY Woooooooo!(遠吠え的に)
さて、Google Chrome 入れて使っています。 途中、インチキしてどこか処理を端折っているんじゃないかと思うくらいめちゃ速い。Windows マシンでは既にメインブラウザになりました。 最初聞いたときは、「なんだ、早いだけか。クラッシュへの対策っていってもそもそもそんなにクラッシュしないし」と大して期待していなかったんですが、ここまで速いとは思いませんでした。 微妙に使い勝手が悪いのが、リンク先のURL表示が途中で切れてしまうのと、開いているサイトのページタイトルが分からない点でしょうか。どっか設定あるのかな。 9/4時点では、TRPG Search へのアクセス統計(セッション数)によると、0.35% が Chrome でのアクセスでした。まだまだですね。

『天顕祭』

一般 kilica 2008/8/28
天顕祭 (New COMICS)
天顕祭 (New COMICS)
posted with amazlet at 08.08.28
白井弓子
サンクチュアリパプリッシング
おすすめ度の平均: 4.5
5 スゴい
5 「コミック」ではない骨太な「漫画」
4 濃い画と濃い内容で、読み応えのある一冊
書店で見かけて買ってみた。 ヤマタノオロチの伝説を絡めた物語で、パラレルワールドの現代日本かと思いましたが、帯を見ると未来という設定のようです。 たぶん新人で、元々同人誌として出していたものを商業出版したようなのですが、物語の運びといい描写といい、分量といい、傑出しています。 そして「実は『深淵』のリプレイか」っていうくらい、親和性が高いです。

『ZOKUDAM』

一般 kilica 2008/7/31
ZOKUDAM (カッパ・ノベルス)
森博嗣
光文社
売り上げランキング: 5094
森博嗣のくだらない系小説。前作『ZOKU』のアナザーストーリィか?(まだ途中までしか読んでない) 主人公たちは思いがけず、巨大人型ロボットに乗って怪獣と戦うよう命令されるが……。 リアルロボット小説です。あまりにリアルすぎて悲哀を感じます。サラリーマンの悲哀……。

『イムリ』

一般 kilica 2008/7/27
イムリ 1巻 (BEAM COMIX)
イムリ 1巻 (BEAM COMIX)
posted with amazlet at 08.07.27
三宅 乱丈
エンターブレイン
おすすめ度の平均: 5.0
5 ∞の可能性。
5 凝った設定のSFファンタジー
5 含羞とほほ笑みの作家
5 久々に面白いものを見つけた!
5 優しい天才
分類が難しい、というかまだよく分かっていないのですが、帯を読むとファンタジィかな。星間移動をしたり出てくる機械類はSFです。話の中心になっているのは「彩輪」と呼ばれる超能力、そして過去の植民と今の階級社会をめぐる「秘密」です。調度品なんかは近代ヨーロッパっぽい感じ。 面白いのですがちょっと読みづらくてまだ作品世界に入り込めません。読みづらい原因は、登場人物が見分けにくい(顔が似ているのと、制服を着ているので服装でも見分けられない)、独特な用語が多くて混乱する点にあります。 一冊に書き込まれている密度もすごいので、それも読みづらいと感じる一因でしょうか。しかしこれだけ独特な世界を、説得力を持たせて描いているのはすごい。 作者の三宅乱丈氏は『ぶっせん』というお坊さんをネタにしたギャグ漫画を描いていたんですが、それとはまるっきり違う作品です。