螺鈿迷宮 編集

タグ: 作品

登録日
2011/4/23 15:04
カテゴリ
一般
ISBN
4043909012
感想

『バチスタ』のシリーズと同じ桜宮市を舞台としていますが、田口先生は登場せず(白鳥は出てくる)、新登場の医大生 天満大吉が主役となります。

舞台はこれまでのシリーズでも度々名前の出てきた桜宮病院と翠碧院。ついに登場です。順番的には、『ジェネラル・ルージュの凱旋』と『イノセント・ゲリラの祝祭』の間(まだ読んでないのがあるので他にもあるかもしれませんが)。

前半はややだらだらと進みますが、後半からは一気。おかげでまた夜更かしです。前に読んだ『イノセント・ゲリラ』が官僚とのどろどろの戦いだったので、『螺鈿迷宮』で繰り広げられる過去の因縁を廻るどろどろの戦いには心洗われる感じがしました。あれ。

評価
4