氷川 TRPG 研究室

Hikawa TRPG Laboratory

物語とゲーム

タグ:
TRPG
2014/8/24
カテゴリ
システム

ナラティヴRPGと呼ばれるものを作ろうとしてまず直面するのが、物語とゲームの分担です。

プレイヤたちには「物語をコントロールしたい」という欲求と「(自分だけでは作れない)意外な物語を作りたい」「(自分では考えるのが面倒な部分の)物語を自動生成したい」という、相反する欲求があります。

ナラティヴなTRPGをデザインするにあたっては、この二つの矛盾する要求を、どのような割合でブレンドするか、あるいはどの部分のコントロールをプレイヤ達に渡し、どの部分にシステム的な生成装置を入れるか、というのを決める必要があります。

本記事では、少々とりとめが無いですが、押さえておいたほうが良さそうなゲームと物語の関係について取り上げてみたいと思います。

なお、書きながら考えていますので、ちょこちょこと中身を追加/修正することがあります。ご了承ください。

blog comments powered by Disqus

Powered by XOOPS Cube 2.2© 2001-2013 The XOOPS Cube Project
BY 氷川 霧霞 - xc-tokai