氷川 TRPG 研究室

Hikawa TRPG Laboratory

『TRPGシナリオ作成大全』レビュー

TRPG kilica 2012/12/20

 コミックマーケット83,冬コミ発売予定の同人誌『TRPGシナリオ作成大全』、きっと「早く読みたい」とそわそわしている方も、中にはいらっしゃるのではないかと思います。一人か二人くらいは。

そんな「待ち切れない」という方、玄兎さんの「『TRPGシナリオ作成大全 Vol.1』を読んでみた」シリーズは読んでますか? このシリーズは、現在連載第6回まで進んでいまして、タイトルのとおり、『TRPGシナリオ作成大全』を読んだ感想・紹介を掲載しています。僕が「舌っ足らずだったなー」というところまできっちり読み込んで紹介してくれています。素晴らしいレビューです。

なお、なんでまだ発売されていない、僕自身製本されたものは手にしていない本書のレビューが掲載されているかといえば、玄兎さんが寄稿者の一人だからです。ご寄稿いただいた方には、確認の為、まるごとデータでお渡しして見ていただいているのです。「いいなーずるいなー(笑)」と思われた方、次回はぜひご寄稿ください。

また、「TRPG放送局」さんで、12/23(日)21:00より、TRPG冬コミ参加サークルを紹介する放送があり、僕も紹介していただいています。ぜひ聞いてみてください。

それでは、30(日)東地区W15a にてお待ちしております ^_^

TRPG Sites(仮)

TRPG kilica 2012/12/19

TRPG関連ウェブの現状

Twitter、SNSの普及のおかげで、TRPGをどんなふうに遊んでいるか、どんな人が遊んでいるか、といったことを知ったり、一緒に遊ぼうと誘ったり誘われたりといった機会は随分と増えました。そうした書き込みの中には知見に富んだものであったり、新しい遊び方の萌芽を含んだものだったりするものもありますが、膨大なタイムラインの流れにあっという間に流されてしまい、埋もれて二度と顧みられることはありません。

そうした書き込みを気軽にできる(フロー型サービス)というのはそれはそれで重要ですが、一方で知識やノウハウを溜めて探しまわることのできるサービス(ストック型サービス)はアンバランスなほど普及していません。

昔ながらのホームページがストック型の典型ですが、htmlの知識が必要だったり、サーバを借りる必要があったりとツイッターやブログと比べてかなり手間のかかる作業が必要です。

TRPG Sites でサイトを作ろう

新サービス TRPG Sites では、そうした現状を改善すべく、TRPGに関する情報を気軽に発信できるストック型サービスを提供したいと考えています。このサービスを利用すれば、ブログを解説するのと同程度の手間でストック型のホームページを開設することができます。TRPG Sites サービスの登録ページにアクセスし、サイト名や登録者の情報を入れるだけで、ホームページを作ることができるのです。

モックアップを見てみる

TRPG Sites プレスリリース放送(笑)を見る※1:26頃から始まります(TRPG放送局さま)

TRPG Sites とブログの違いは?

ところで、TRPG Sites が提供するホームページはブログとどう違うのでしょうか?

まず一番の違いは、ブログが時系列に記事を見せていくのに対して、TRPG Site はカテゴリを中心とした一覧で記事を見せます。

第二に、ブログは日記的な記事(タイトル+本文)しか投稿できませんが、TRPG Sites では、同様にタイトル+本文からなる記事のほか、レビュー(タイトル+評価+RPG名+感想)を投稿したりアルバム(タイトル+本文+画像)を投稿したりすることができます。

第三に、TRPGに特化したサービスなので、TRPGシステムなどのカテゴリを全サイト共通で持つようにしています。そのため、「クトゥルフ神話TRPG」「D&D」「トーキョーNOVA」などのシステム名で記事やレビュー、リプレイなどを抽出することができます。 

いつできるの?

2013年3月にベータ版をオープン!……したいなと考えています。

まだサイト設計中ですので、なにかご要望などございましたら、お寄せください。

コミックマーケット83 サークル情報

TRPG kilica 2012/12/8

コミックマーケト83(C83冬コミ)サークル参加のお知らせです。

12月30日(日)東W15a 「氷川TRPG研究室」 

頒布物 

  • 『TRPGシナリオ作成大全 Volume I』(新刊)B5 148ページ、頒布価格 1,000円 
  • 『TRPGシナリオ作成の道具箱』(C80)B5 60ページ、頒布価格 500円 
  • 『ダンジョンシナリオ作成講座』(C81)B5 60ページ、頒布価格 500円 

またまた、TRPGのシナリオ作成の本を出します。 

今回の新刊は『TRPGシナリオ作成大全』。総勢9名のベテランマスター諸氏による実践的なシナリオの作り方、方法論を集めた本です。長年かけて培い溜めてきた知恵とノウハウを一挙公開です! 

これが総勢9名の執筆者による11本の記事で140ページ超という大ボリュームになりました。
内容的にも、基本を押さえたシナリオの作り方からNPCの魅せ方、キャンペーン、シナリオフォーマットと、多岐に渡っています。 

今年の年末年始はこれを読んでシナリオ作成にトライ! (既刊もよろしく)

コミケ83当選

TRPG kilica 2012/11/3

 C81, C82 と落選し苦汁をなめていましたが、ついに C83(コミックマーケット83、2012年冬コミ)で当選しました\(^o^)/

12/30(日)東W15a 『氷川TRPG研究室』

予告通り、『シナリオ作成カタログ2012』を出す予定です(タイトルもうちょっと何とかならんのか、という気はするのですが)。ベテランマスター諸氏のシナリオの作り方を集めた本となります。

なお、原稿は11月末まで受け付けておりますので、今からでも「書いてみたい」という方がいらっしゃいましたらぜひご連絡くださいませ(コメントして頂くか、Twitter で @kilica まで)。もう大歓迎です。

また、原稿というほどではないですが、以下のようなものも募集しております。簡単に投稿できるかと思いますので、お気軽にお寄せください。



既刊

既刊も頒布予定です。

ヨーロッパ旅行 コメント付き写真

一般 kilica 2012/11/3

Google+ で一通りポストしました。picasaweb でごっそりアップロードして、写真を選んで一言コメントつけただけなので、わりと簡単。全部で2500枚ほど撮ったので、紹介したのはごく一部です。

#ヨーロッパクルーズ2012

「新着順」にして最後から順番に見ていくと良いかもしれません。

iPod touch

一般 kilica 2012/10/25

 先週ヨーロッパに行って来ました ^_^ 旅行記は書くかどうかわかりませんが、撮ってきた写真は Google+ で紹介しています。

この写真を取るのに使ったカメラが、出たばっかりの iPod touch です。

9月に発表された時から「欲しい!」と思っていたのですが、Amazon を見ると10/31の発売になっていたので旅行には間に合わんなーと諦めていました。

ところが、出発する直前の10/10 頃、Apple は電撃的に発売を開始。10/11 に Apple Store に行ってみたところ、緑と青しかないと言われてしょんぼりでした(白か黒が良かった)。緑か青でも買っちゃおうかな〜と迷っていたら、スタッフが「キャンセルが出てないか見てきますね」と調べてくれて、その結果黒のキャンセルが出ていたことが判明! 旅行の直前に発売されたことといい、キャンセルが出ていて黒の在庫があったことといい、超ラッキーです。

ちなみに買う前も2世代前の iPod touch を使っていたのですが、月曜日に落としてガラスが無残なことに。もう新しいのを買うしかありません。なお機能的には全く問題なかったので、旅行中音楽プレイヤとして活躍していました。

どっかの記事にも出ていましたが、これさえあればコンパクトデジカメは不要です。

画素数は500万と最近のデジカメに比べれば見劣りしますが、1936x2592px の写真が取れますので、素人が撮るには十分です。
記憶媒体はフラッシュメモリで 32G/64G ですから、素人がこれで困ることはまずないと言えます。実際、32G の半分が音楽データで埋まった状態で、合計 2,500 枚の写真を撮って来ましたが十分足りていました。
そして、なんといっても他のデジカメに比べて圧倒的に薄く(6.1mm!)、軽い(88g!)。

そしてシャッターは液晶部分にあるので、握るようにして持つことができます。10年前から思っているんですが、上部にシャッタがあるとペンや箸を持つようにカメラを持つ必要があって不安定じゃないでしょうか?しかも、だいたい右上にあるので右手でないと扱えません。旅行中は何かと荷物を持っているので、右手がふさがっていることもあり、右利きでもとっさに左手で写真を撮りたくなることがあります(ありません?)。そんな時でも問題ありません。

撮った写真を確認するのも、iPhone/iPod touch の高精細 Retina ディスプレイと UI ですから、他のデジカメの追随を全く許しません。

お値段は 24,000円ですから、お手頃です。バッテリも、多い時は一日に400枚くらい取りましたけどまだ半分くらい残っていました。

もう「完璧」とも言えるほどのコンパクトデジカメに進化した iPod touch なのですが、唯一の欠点はストラップです。ストラップが付けられない。いえ、正確には、iPhone/iPod touch シリーズで今回はじめてストラップ取り付けの機構が付いたのですが、これが全然イケてません。とてもじゃないですが、iPod touch 本体の運命をこのストラップに預ける気にはなりません(それとも実は大丈夫なんだろうか)。

ヨーロッパ旅行

一般 kilica 2012/10/9
今週金曜日から行ってきます。
帰りは21(日)。


より大きな地図で ヨーロッパ旅行 を表示

『歌声が響く都市』流のシティアドベンチャの作り方

TRPG kilica 2012/10/4

「シナリオメイキングカタログ2012」向けに、既存のシナリオ作成方法をもう一度見なおしてみることにしました。 

手始めに、ソード・ワールド2.0のシナリオ集『歌声が響く都市』(pp.90-130)に掲載されているシティアドベンチャの作り方をまとめてみました。

歌声が響く都市

感想

  • 初心者向け。
  • シナリオの中でも「謎解き」を中心に据えている
  • その割には「謎」をどう作ればよいか、どう作れば魅力的になるかについて殆ど書かれていない
  • シナリオがある程度パーツ化されて紹介されており、作成例も併せて載っているため何となくでもシナリオが作っていける(かもしれない)
  • 「なぜこう作るのか」といった理論づけは殆ど無い

復帰

一般 kilica 2012/9/29

 1ヶ月ほど活動を休止しておりましたが、徐々に復帰予定です。ふう。

まずは同人誌と、たぐっちゃんと進めている

https://trello.com/board/trpg/50407e625edf20c5479710b3

とか

http://smile-b.xsrv.jp/trpg/2012/09/post-57.html

とか。

オンラインセッションポータル

TRPG kilica 2012/8/29

 富士見書房さんがオンラインセッションポータル TRPG ONLINEのベータ版をオープンしました。

最終的にはプレイヤの募集、キャラクタシートの管理、チャットなど、オンラインセッションに必要な機能を備え、しかも「『痒いところに手が届くシステム』を目指すべく」改良していくという素晴らしい構想です。

まだ昨日ベータがオープンしたばかりなので、まだまだ機能的には不足している部分がたくさんある、という声がツイッタ上で見られました。まあそれは仕方ないですね。

ただ、これだけの機能を備えてしかも本気で使いやすく作りこむとなると、並大抵のことではありません。まじめに取り組めば、最低でも開発費で月50万からの費用が発生し、それを1年は継続しなければならないんじゃないでしょうか。成功したら成功したで、サーバ負荷も結構高そうだし。勝算はあるのかな。

一方、冒険企画局さんは、どどんとふサーバを立てるようです。こちらは開発費が不要なので、ハードルはグッと下がるでしょう。ただ、サーバ負荷は重くのしかかると思いますので、そのあたりどう対応するかがポイント。

有料にして、代わりに冒険企画局の中の人と(ときどき)遊べる、ってことにするのはどうだろう。

『TRPGシナリオ作成の道具箱』増刷

TRPG kilica 2012/8/26

 まだ20冊ほど残っていますが、冬コミ分はなくなっちゃいましたので『TRPGシナリオ作成の道具箱』を増刷しました。第4刷になります。

『ダンジョン』の方と併せて今は沢山余っているので(笑)、「ゲームマーケット」にでも持って行ってみようかと思うのですが、どんな感じなんでしょ。参加したことがないので全く様子がわかりません。コミケとはまた違った人たちが着てるかなと思うのですが。

と思ったけどきっと冬コミ新刊の締め切り間際くらいだよなー。

『ダンジョンシナリオ作成講座』増刷

TRPG kilica 2012/8/23

 先回の冬コミ(C81)後に増刷した『ダンジョンシナリオ作成講座』がほぼ無くなったため、100冊増刷しました。これで総発行部数300部になります。

1年くらいかけて捌けるといいな〜。

JGC 委託販売

TRPG kilica 2012/8/22

 JGC(Japan Game Convention)のプレイスペース広島さんのブース(つぎはぎ本舗さんと共催?)で『TRPGシナリオ作成の道具箱』『ダンジョンシナリオ作成講座』を委託販売していただくことになりました。

よろしければこの機会に手にとってみてください。

JGC 行ったことない……^ ^;;

冬コミに向けて

TRPG kilica 2012/8/14

夏コミも終了し、申し込みも済ませて冬コミ準備開始。なんか残り140日くらいしかないそうですよ。いつの間に?って感じです。

夏コミもとっても楽しかったし面白そうな本も沢山買えたし委託した40冊の同人誌も売り切ったし大変収穫が多かったのですが、その中でも嬉しかったのが冬コミ発行予定の『シナリオメイキングカタログ2012』に寄稿してくれる方が二人も見つかったことです!

こんどこそ受かっていて欲しいですね……本当に >_<

コミケ三日目

一般 kilica 2012/8/13

三日目も少部数委託しました。

『TRPGシナリオ作成の道具箱』が11部、『ダンジョンシナリオ作成講座』が8部です(10部だったけどホテルで二部売れた(笑)。お昼くらいには売れてしまった模様。
完売後に来ていただいた方もいらっしゃったようで、申し訳ありません。

買い物に出かけている間に、委託先スペースのお向かいのサークル(「TRPG」のロゴとサイコロの絵が書かれたTシャツを売っていて気にはなってた ^ ^)の方も『道具箱』『ダンジョン』をセットで買われて挨拶されていったとのことで、お礼をしにいったら、びっくり大竹みゆさんでした。アリアンロッドのリプレイなどに参加されているとても可愛らしい声優さんです。ダンジョン大好きなんだそうです。
……はい、すみません。僕もあまりリプレイ読まないので「名前を聞いたことがある」くらいでした m(__)m リプレイ買って読んでみます ^_^

なおまだ未定ですが、JGC で両同人誌を委託販売していただけるかもしれません。決まりましたらまた告知いたします。



コミケレポート

TRPG kilica 2012/8/11

コミケ行って来ました。まだ帰ってませんが、だいたい終わっているので。

今回、行きはせっかくなので第二東名高速道路を使ってみました。僕は少ししか運転しなかったので特に感想もなかったのですが、まあ走りやすかったかな。
東名合流後、足柄でうどんを食べたのですが、美味しかった。量も思っていたよりかなり多かった。

一日目はTRPGの日ですが、今回サークルは落選した上に委託先もなかったので回るだけ。

PARANOIA で有名な「奉仕の会」の新刊は「いきつけのLAWSON」。お、ついに「いきつけの」シリーズ復活か、と思いましたが、PARANOIA どころか TRPG とも関係ない内容でした。まどマギ本……というと大いに語弊がありますね。でも面白い。オススメです。

あと Aniki さんの『同人誌の作り方 ---- TRPGリプレイ・文章系・電子書籍対応版 ----』。つぎ出すのはこれを読んで勉強します。

この日の夕食は、三日目に委託をお願いしている BETA さんと東大近辺のカレー屋さんで。BETAさんの作っているTRPGシステムのお話や、馬場講座、シナリオの作り方など、TRPG関係のお話をタップリしてきてとても充実した時間でした。寝不足でなければもう少し話していたかったのですが。

二日目は椎路ちひろさんのところに委託させていただきました。最初にちょっと買い物に行き、あとはだいたい椎路さんのところで座っていました。
委託した『TRPGシナリオ作成の道具箱』『ダンジョンシナリオ作成講座』は両方共11:30ごろに完売。どちらも10部しか持っていかなかったのでもう少し持っていけばよかったですね。TRPGのジャンルではなかったので、そんなに需要ないかなと見てました。会場後まもなく、2冊ずつ買っていってくれた方がいたそうなので、ツイッタなどの宣伝を見てくれた方がいたのかな ^_^

二日目に、ゆーさんが進めてくれた甲冑本+DVDのセットを購入。まだ中身を見てませんが、本をパラパラめくった感じでは凄そう。

同人誌『TRPGシナリオ作成の道具箱』『ダンジョンシナリオ作成講座』通販状況

TRPG kilica 2012/8/5

 プレイスペース広島様にて通販していただいています『TRPGシナリオ作成の道具箱』『ダンジョンシナリオ作成講座』ですが、売り切れとのご連絡がありました ^_^

追加の委託をお願いしましたので、通れば8月後半くらいに通販再開していただけるかもしれません。

早く手に入れたい!というかたは テーブルトークカフェ DayDream さんにお問い合せいただくか、以下のコミックマーケット82 委託先ブース様にお越しください。


売上ペース

今年1月に『道具箱』は10冊、『ダンジョン』を40冊委託しましたので、冬コミ新刊だった『ダンジョン』の方は約半年で40冊ってところですね。
自宅の在庫状況は『道具箱』が50冊、『ダンジョン』が30冊ほどなので、今年いっぱいくらいはもつかな、って感じです。

自炊

TRPG kilica 2012/8/5

本を整理する必要が出てきて、ついに自炊を開始。道具だけは半年以上前に買ってあったのですが、ずっと眠ってました。

とりあえず、寝っ転がって読む可能性が無さそうな英語 TRPG サプリメントから着手。Middle Earth 関係と Paranoia 関係のを15冊くらいかな、PDF にしてみました。OCR はかけずに、スキャンのみ。

スキャナは ScanSnap S-1500、裁断機は PK-513L 。
裁断機は 200p くらいまでは何とか一発で裁断できます。でも重い。うっかり持つと腰を痛めそうです。あと、足をぶつけたりすると痛い(笑)
スキャナは一度に 80p くらいでしょうか。3冊に1回くらい紙送りに失敗しますが、まあまあ順調。

思っていたほど手間はかかりませんが、それでも沢山処理するとなんだか疲れますね。

夏コミ宣伝


既刊の『TRPGシナリオ作成の道具箱』 『ダンジョンシナリオ作成講座』は、以下のサークル様で委託させて頂く予定です。

いずれもTRPGの日ではありませんが、TRPG 絡みのサークルさんです。

犬山屋算譜さんはオンラインセッション用のツール開発を行なっています。

幻創体さんは TRPG システム化予定の小説を出される予定だそうです。

夏コミ委託情報

TRPG kilica 2012/7/28

 夏コミは以前ご報告しました通り落選してしまいました。

既刊の『TRPGシナリオ作成の道具箱』『ダンジョンシナリオ作成講座』は、以下のサークル様で委託させて頂く予定です。

まだ買えてない〜という方はこの機会に是非。
#いずれも少部数の委託となりますので、売り切れの際はご容赦ください。

TRPGの日である10日は現在のところ委託先がありません。もし委託して頂けるサークル様ありましたらぜひご連絡ください m(__)m

また、以下のお店でも店頭あるいは通販で入手可能です。




TRPGシステム関連図

TRPG kilica 2012/6/10

名大祭で聞いてきた「検索エンジンを用いた企業間社会ネットワークの構築」が面白かったので、早速TRPGでも作ってみた。

TRPGシステム関連図

研究内容そのものはネット上にはなさそうだけど、これが近い、というか元になっているのかも。

手順としては、次の通り。

  • Google で「システムA」で検索した時のヒット件数と「システムB」で検索した時のヒット件数をそれぞれ調べる
  • Google で「システムA システムB」で検索した時のヒット件数を調べる
  • 上記3つの検索結果のヒット件数を下に、Jaccard係数を求める
  • 「システムA システムB」/「システムA」+「システムB」ー「システムA システムB」
  • 係数の大きさに従ってシステム間を線で結ぶ。ホントはクラスタ解析を行う。

検索結果はGoogle Docsのとおり。ちなみに載っているシステムは、僕が思いついたのを並べているだけです。面倒くさいけど手順は簡単なので、興味がある人がいたらご自分でどうぞ。


  • トーキョーNOVA、ブレカナは他のシステムと一緒に名前が出ることが多い
  • D&D、クトゥルフは比較的孤立している
  • シノビガミ、ハンターズムーン、マギカロギアの冒険企画局システムはトライアングルを形成

ただし、トーキョーNOVAは異常値な気がする。「東京」で引っかかっちゃってるんじゃなかろうか。また今回 Jaccard 係数 0.04 未満の線は結んでいないので、どこを閾値にするかで図は変わってきます。

Powered by XOOPS Cube 2.2© 2001-2013 The XOOPS Cube Project
BY 氷川 霧霞 - xc-tokai