氷川 TRPG 研究室

Hikawa TRPG Laboratory

キャラクタ作成ゲーム

タグ:
TRPG
2014/6/29
カテゴリ
システム

僕は TRPG のキャラクタ作るのが結構好きで、キャラクタ作ってるだけでも割と満足できるんですが、ふとキャラクタ作成自体をゲームにしても面白いのかなと思いました。

トレーディングカードゲームの元祖、Magic : the Gathering だと、「ドラフト戦」というのがあって、通常は買ったりトレードしたりして集めた自分のカードコレクションの中からカードを選んでデッキを作るのですが、ドラフト戦ではその場で新しいパックを開けて、各プレイヤが交替で「これは使える!」と想ったカードを一枚ずつ抜いていって、そうして選んだカードでデッキを作って対戦する、という遊び方があります。これだと、コレクションの量(=金)による差が発生せず、デッキ構築能力がより試されます。

TRPGでも同じように、「今回のシナリオ(キャンペーン)で選択できる特技/性格/欠点/NPCとの関係」の一覧をマスターが用意しておいて、キャラクタ作成時にドラフトで順番に、自分のキャラクタの設定を選んで取っていきながらキャラクタを作る、ってのもなんだか楽しそうです。
またちょっとルールを変えて、「この《貧乏》の特徴をあいつのキャラクタに押し付けよう」みたいな事ができても盛り上がるかもしれません。

別にルールはドラフトに限らないので、Once upon a Time みたいなストーリーテラー系のゲームを遊んだ結果をキャラクタに反映するのもありでしょう。

カードゲーム ワンス・アポン・ア・タイム日本語版
ホビーベース
売り上げランキング: 11,160

特に作成ポイントを使ってキャラクタを作るゲームを遊ぶ機会が多いと、似たり寄ったりなキャラクタになりがちですので、持ちキャラがマンネリ化してきたらこうした変化球も面白いかもしれません。
blog comments powered by Disqus

Powered by XOOPS Cube 2.2© 2001-2013 The XOOPS Cube Project
BY 氷川 霧霞 - xc-tokai